2009年6月14日 (日)

近藤正臣著『通訳者のしごと』

7andy_32249335近藤正臣著
岩波ジュニア新書「通訳者のしごと」
岩波書店
初版:2009年5月20日

Kondo著者は、現在、大東文化大学大学院で教鞭をとっている傍らに、英語通訳を担い、更に、通訳理論の研究をしておられる。日本通訳翻訳学会理事の一人でもある。前身の通訳理論研究会当時から、通訳のスキルに関する知識を学ぶのにお世話になった。

近藤先生の日英通訳の定評があり、有名である。
日英通訳+手話通訳が用意されたシンポジウムで傍聴したことは数え切れないほどあるが、どこかのシンポジウムか忘れたが、たまたま近藤先生が日英通訳を担う現場に居合わせたことがあった。手話通訳を見ると、手話通訳者がスムーズに通訳しているところを見ると、近藤先生の日英通訳は聞きやすく、わかりやすいと察することができる。

上記著書の前半には、近藤さん自身の生い立ちから始まり、ラジオで英語を聞き学び、高校時の米国留学、大学時の米国国務省通訳、学会発足、大東文化大学大学院での通訳者養成、などなど、書かれ、そして、後半には、通訳の仕事、通訳理論が書かれている。何かの通訳を始めようと考える人にはお勧めだ。

|

2006年2月 7日 (火)

インターネットで、手話学習

(仕事絡みで)「手話学習」をキーワードにして検索したら、次の、(たぶん)2点が出ていた。他にも沢山あるが、標題通り、「インターネットで」がポイントで、今のところでは、この2点がメインかもしれない。

Detail_head01

ポータル熊本が管理している『マルチメディア 手話学習システム』。生身のモデルが表現している。
赤いボタンは、見ることができる。まだ工事中であり、40%位のようだ。会話文は、短文であり、長くても3単語(入門・初級レベル)。

Topl

もう一つは、株式会社日立製作所中央研究所・長崎県工業技術センター・社会福祉法人じゅもん会・関連企業が共同になって開発した『手話教育システム』。日立製手話アニメのソフトを使っている。 
会話文が初級レベル。嬉しいなことに、非手指文法のマーキングもついて、ていねいだ。
※今日時点で私のPCでは、アニメが出てこない(?)ため、表現の確認はできない。悪しからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

全国手話通訳問題研究会討論集会in山口

来週の2/11~12に、山口市で「全国手話通訳問題研究会討論集会」が開かれる予定になっている。
第22回全国手話通訳問題研究討論集会IN山口」で、交通宿泊や集会などの情報を多く出されている。観光情報はもっともだが、嬉しいなことに、グルメ情報も出して下さっている。それら情報を参考にして、会議の合間などで楽しみたいと思っている。

<追伸>発表すると公約しましたが、レポート提出締切に間に合いませんでした。従って、今回の発表はなしです。申し訳ございません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

ろう手話通訳者養成講座

P1020253 当連盟で、ろう者のみ対象の『ろう手話通訳者養成講座』を開始。
計12回38コマのカリキュラムを用意し、「第52回東京都聴覚障害者大会で立つ」ことを目標にして、受講生が特訓した。
 最終的に3名を絞って、12月18日の本番でデビュー。東京都聴覚障害者大会史上初の「ろう手話通訳者」誕生だ。都道府県レベル組織の公式行事での「ろう手話通訳者」は、全国で、恐らく、千葉県に続いて、2番目になると思う。
 終了後、様々な賞賛と批評をいただいた。その批評を、次の課題として、来年度に取り組んでいきたいと思っている。先週の12/24に、本年度講座は終了。

*後に写真を追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)