« デフリンピック開催資金の不正横領 | トップページ | »

2011年3月14日 (月)

画期的!

※追加情報 2011/3/15
政府インターネットテレビの記者会見で手話通訳がついています。
字幕もあり。
http://nettv.gov-online.go.jp/index.html

今日3月13日から、内閣府の、東北地方太平洋沖地震に関する記者会見に、手話通訳がついた。
 Sa3c0009 Sa3c0010 Sa3c0011
菅首相らが立つ台の端(向かい合って左側)に、手話通訳者が立って通訳を行うというものだ。
少なくとも、今日、明日の、記者会見が行われる際に、手話通訳を行うそうだ。この記者会見は、深夜に行われることもあるので、手話通訳者動員の24時間対応でしなければならない。

内閣府の記者会見で、手話通訳を行うことは、日本の歴史上、画期的である。
政治の場に手話を登場させることに意義が大きく、手話に対する国民認識をより高める機会となるので、大いに期待したい。

|

« デフリンピック開催資金の不正横領 | トップページ | »