« ハリウッドではみんな日本人のマネをしている | トップページ | 羽田空港の国際化・ハブ化を考える(3) »

2010年2月 7日 (日)

湯けむり台湾紀行 名湯・秘湯ガイド

51vf5aem64l__ss500_湯けむり台湾紀行 名湯・秘湯ガイド
著者:鈴木 浩大
出版社: まどか出版 (2007/05)
ISBN: 978-4944235353

台湾は、九州より少し大きめの面積であり、温泉が100以上あると言われている。
台湾の温泉を楽しみたいと思い、どんな本があるかと探したら、上記の本を見つけた。
著者が紹介しているのは、大小を問わず、71ヶ所以上!
泉質や行き方だけでなく、地元の人のみで海外の人が入れてくれない温泉もあるとか、いろいろな情報があって、役立つのだ。

台湾では、最近温泉ブームとなり、湯治場が整備され、きれいになっているらしい。又、新しい宿泊施設も建設されているらしい。
これから、台湾の温泉を楽しむ日本人が増えて、台湾の政情も知ってほしいと願っている。

|

« ハリウッドではみんな日本人のマネをしている | トップページ | 羽田空港の国際化・ハブ化を考える(3) »