« 羽田空港の国際化・ハブ化を考える(1) | トップページ | »

2010年1月21日 (木)

羽田空港の国際化・ハブ化を考える(2)

前原国土交通相が、羽田空港を24時間使用可能な国際的なハブ空港にすると発表した時、立腹したのは千葉県行政関係者。
前原国土交通相の発言の数時間後に、千葉県庁で、森田知事が緊急記者会見(?)が行われ、立腹口調で「あかん!」、足で床をゴツゴツと…。
羽田空港の国際化を反対すると公表しているが、11年前、羽田空港を抱える大田区から立候補した時の公約は全く正反対だ。

羽田空港の国際化が大田区の経済活性化となるなどを訴えていた。
どれが、本当の主張なのか?売名行為だと批判する人も多い。

|

« 羽田空港の国際化・ハブ化を考える(1) | トップページ | »