« 台湾デフリンピック2009を考える | トップページ | 我が家の新しい紹介 »

2009年10月 7日 (水)

日本は夢がない!?

標題の通り、ショッキングな記事が出た。

<調査>自国への誇り、最も高い国は豪、中国は7位、日本は最下位―英誌
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091004-00000001-rcdc-cn

2009年10月2日、英誌エコノミスト(The Economist)が発表した調査結果によると、ニューヨークに拠点を置く世界的なコンサルティング会社レピュテーション・インスティチュート(Reputation Institute)がまとめた調査結果を引用し、「ほかの先進国と比べて、オーストラリア国民は、自国に対する信頼・称賛・尊重・誇りがより高い」と伝え、世界33か国中、自国に対する誇りが最も高い国はオーストラリア、最も低い国は日本であることが分かったということだ。
調査対象は33ヶ国。
金融危機の影響を少なからず受けている可能性があるという見方があり、日本では、仕事に対する熱心さがない若者がいるからこそ、この結果だという見解だ。

この記事を読んで、本当に悲しくなった。
例え貧しくなっても、日本の文化に誇りをもち、美しい日本を讃えられる日本人になって欲しいと思う気持ちが、ズタズタと引き裂かれてしまった。
日本若者が、日本の文化歴史などに誇りを持ってほしいと思う。

|

« 台湾デフリンピック2009を考える | トップページ | 我が家の新しい紹介 »