« 台湾デフリンピック2009話題(5):馬英九総統のインタビュー | トップページ | 台湾デフリンピック2009話題(7):12歳の金メダリスト »

2009年9月15日 (火)

台湾デフリンピック2009話題(6):最多金メダリスト テレンス・パーキン選手

競技最終日(?)9/14付の国別メダル数を見ると、南アフリカが一気に、日本を上回って、金メダル8個を獲得している。

聯合新聞によれば、Terence Parkin選手が7種目の金メダル、他の選手が200自由、1500自由、計8個の金メダルを取ったそうだ。2000年シドニー五輪平泳ぎ200m銀メダリストTerence Parkin選手の今回出場7種目のうちの6種目が大会新。

エピソードとインタビューが載っていて、わかる限り、書こう。

Terence Parkin選手が、17歳に初出場したコペンハーゲンで金メダル5個、2001年・ローマで金メダル5個、2005年・メルボルンで金メダル12個、今回(台北)の7個を合わせて、29個の金メダルを手に入れている。
Terence Parkin選手は、3年前から水泳コーチを担い、その傍らに、自転車を始めた。南アフリカのスポーツ協会から出場打診があって、4ヶ月前から水泳を再開して特訓。
自転車は、昨年台湾での世界ろう者自転車競技大会に出場して、宜蘭~陽明山までの93.12kmで争って金メダルを獲得している。
インタビューで彼曰く、昨年は台湾101へ行かなかったので明日晴れたら上って眺めたい、2013年のアテネも出場したい。

|

« 台湾デフリンピック2009話題(5):馬英九総統のインタビュー | トップページ | 台湾デフリンピック2009話題(7):12歳の金メダリスト »