« 夏の角館 | トップページ | 晩夏 »

2009年7月16日 (木)

豪州コクレアCEOのクリス・ロバーツ氏の発言

7月7日は、日本中、障害有無を問わず、全ての国民がハッピーな一夜となるべきなのに、不幸なニュースが舞い込んできた。
不幸なニュースとは、次の話題。

「人工内耳の認知促進が必要」-豪州コクレアCEO
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/090707/37159.html

かっての音を記憶している中途失聴者にとって、人工内耳が福音であり、人工内耳を選択することは構わない。
しかし、今回の不幸な話題は、人工内耳メーカーのCEOが、「科学的検証に則らず過大な評価」と、「ろう学校不要論」を唱えたことだ。
更に、大使館主催であり、政府のお墨付きである上、人工内耳手術も保険適用という日本で、普及必要を強く訴えたことによって何らかの影響がでると懸念していると共に、特別支援学校へ名称を変えていく中で「ろう学校必要論」に取り組んでいる私達にとって、非常に不快であり、非常に腹立たしい。
問題発言とは、次の部分。

 ---(問題発言)--- 
 豪州コクレアCEOのクリス・ロバーツ氏は「人工内耳を日本でもっと認知させ
る必要がある」と述べた。すでにオーストラリア・ベルギーではろう学校はほと
んどなくなってきているという。コクレアは日本でより人工内耳を認知させてい
くことで、より多くの人に「聞こえる自由」を与えられることを期待している。
 ---(ここまで)---

念の為断っておくが、私達は人工内耳反対ではない。しかし、次の言動行為は賛成しかねている。

(1)幼児への人工内耳装着を積極的に取り組む
(2)科学的検証に則らない過大な過剰な評価
(3)ろう学校不要論、ろう児不幸論

|

« 夏の角館 | トップページ | 晩夏 »