« ハノイろう協会 | トップページ | ニュージーランド国際ろう短編映画祭 »

2009年5月13日 (水)

世界ろう連盟理事会第92回会議に出席

5月6~8日にニュージーランド・ウェリントン市で、標題の会議が開かれ、私はニュージーランドまで飛んで、出席して来た。
世界ろう連盟アジア太平洋地域事務局から、オセアニア地域事務局の分離独立を希望しているオセアニア3ヶ国と話し合うことも含まれている。
20090510_003この会議に出席して、私にとっていい経験と勉強になったことが勿論だが、それより、各理事の方向や考え方がよくわかったことが一番大きな糧であった。
理事は、各々、地域・文化・宗教が異なる地域から来ているという背景事情が異なっている人ばかりであり、会議などの議論では、どこまで意見を尊重し、どこから反論・議論をしてよいか、本当に難しい。

20090510_030左画像は、会議終了後の5/9にニュージーランドろう短編映画祭の合間に、近くの広場を散歩している時に撮ったもの。
左が私、中がヨキネン理事長(フィンランド)、右がヘッドベルグ理事(スウェーデン)。

20090507_045 20090507_046左の2枚は、5/9の理事会会議終了後、ヨキネン理事長が出席者を労うための夕食会を開いたもの。
ウェリントン港波止場近くの元倉庫を改造してレストランとして開いているところで、ヨキネン理事長とリサ名誉理事長は魚料理が好きということで、魚料理も選べるレストランの予約手配を、ヨキネン理事長が、地元のデフ・アオテロア・ニュージーランド役員へお願いしたらしい。
アンコウを小麦粉でまぶしてオリーブオイルで軽く焼き上げたものが美味しかった。

20090507_047_3この夕食会で思いがけなかったことがあった。
ムーラン理事が突然「ここの誰かさん3人を合わせて170歳になります。それは誰でしょうか?」
多くは「リサさんとヨキネンさんの歳を合わせて、更に、もう1人は50歳、それは誰かな?」と考えたようだ。
(欧州では誕生日と歳を知っておくことが重要ですよね。)
ムーランさんが答えを出した。「それは、リサさんとヨキネンさん、そして、イチローです。」
思いがけない話で驚いた。誕生日祝いのケーキも出されて、誕生日の4月10日に海外で過ごすことがあまりなく、海外で誕生日祝いをもらったことがない私にとって、感激な一時であった。

|

« ハノイろう協会 | トップページ | ニュージーランド国際ろう短編映画祭 »