« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月30日 (土)

ろう者賞賛(6) ドミニク・オウマ・マジワ氏Dominic Ouma Majiwa

Dominic今日は、ドミニク・オウマ・マジワ 氏Dominic Ouma Majiwaについて書こう。
先週5/25に亡くなられたというニュースが流れた。

Kenya Sign Language Interpreters Association - (KSLIA)より引用
 ---(引用)---
It is with profound sorrow and shock that we announce the death of Dominic Ouma Majiwa. Dominic pass away yesterday at his home in Nairobi.Rest in Peace Mzee Dominic Ouma Majiwa

       ***********
Tentative Funeral date has been set for 13th June 2009 at his rural home in Kasipul Kabondo. Funeral arrangement meetings will continue from Wednesday 27 May 2009 to
Wednesday 10th June 2009 at Immanuel Church of the Deaf, 7th floor,
Kenbanco House, Moi Avenue/Haile Selassie Avenue junction. Please, feel
free to attend ot the said dates and also send your generous
contributions.
      ************
Condolence Books have also been opened at the Immanuel
Church of the Deaf and at the UoN Kenya Sign Language Research Project
(KSLRP) offices!
 ---(ここまで)---

地域事務局長としてお悔やみを表すと共に、彼を讃えたい。
マジワ氏は、アフリカ東部・南部地域事務局長を担っており、私とはまだ面識がない。

マジワ氏は、ケニアろう協会会長、手話通訳養成、そして、世界ろう連盟理事と東部・南部地域事務局長を務め、アフリカ東部・南部のろう者をリードし、ろう者の自立・社会参加を促すために取り組んできた功労者である。
高田WFD名誉理事と共に、世界中のろう運動に貢献した。

今回の関連で検索したら、マジワ氏自身の画像と記事が意外と少ない。
やはり、後進のためには、多くの実績を明文化して残すことが重要だと思う。

|

第57回全国ろうあ者大会が間もなく!

Top
来る6月3日~7日に茨城県つくば市において、第57回全国ろうあ者大会が開かれる!
参加される皆さん、つくば市でお会いしましょう!
今回の目玉は、2009~2011年度の新理事長は誰か!?、そして、6/6(土)夜の『ゆずり葉』上映会だろう。
今回の大会ではちょっと異変があるようだ。
まず、分科会について、従来では、「手話」分科会の人気があり、ダントツ、トップであったが、今回は、「運動」分科会がトップになっている。内容は、先輩から後輩への引き継ぎに関する議論がテーマとなっている。何かのインパクトがあることを望む。
それから、東京都からの参加が、450名を越し、過去最高だそうだ。なぜ過去最高となったのか、私にはまだわかっていない。東京から参加される皆さんが、大きな糧となることを祈りたい!

|

2009年5月24日 (日)

ろう者賞賛(5) 設楽進

ようやく日本ろう者です。
今日は、(故)設楽進さんについて書こう。

日本ろう話学校卒後、八王子市で、最初のロウア・クラブ、そして、八王子市聴覚障害者福祉協会を発足させて、長く会長を務めた。
八王子市聴覚障害者協会の歴史を確かめていないが、たぶん、1995年頃まで、20数年間、会長を務めた。
退いた後も、2007年冬に亡くなられるまで、現役として、八王子市聴覚障害者協会顧問を担っていただいた。

八王子市聴覚障害者協会の基盤を固め、八王子市・市長とのパイプが良好で強固であるのは、設楽さんの賜物だと思っている。また、リーダーとして活躍して、八王子市の聴覚障害者福祉の向上に大きく貢献して下さった。

今後も、天国から八王子市聴覚障害者協会見守って下さい。

|

2009年5月23日 (土)

新型インフルエンザかな?と思ったら…

昨日5/22時点で、東京都に2名、埼玉県に2名、神奈川県に1名となりました。

うちの東京都聴覚障害者連盟では、全日本ろうあ連盟の通達に則り、次の通り、対策を取っています。
東京都聴覚障害者連盟傘下の各区市協会へ相談連絡のフローチャートを配信してありますので、各自気付いたら、最寄りの協会へ、相談先の問い合わせファックス番号を教えてもらって下さい。
ここにも連絡先や相談票のURLを記しておきます。
ダウンロードして記入して、まず、東京都保健医療情報センター(ひまわり)へファックスして相談して下さい。
その後の指示に従って、行動して下さい。

相談の進め方(フローチャート)
Renrakuzu



Renraku東京都各区市の相談一覧(エクセル版)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kansen/butainfuruenza/index.html

C_title
東京都福祉保健局
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kansen/butainfuruenza/index.html

ファックス用相談票
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kansen/butainfuruenza/files/soudanhyou.choukaku(0516).xls

東京都保健医療情報センター(ひまわり)
24時間 FAX 03-5285-8080

八王子市保健所 042-645-5111
                八王子市
町田保健所 042-722-0621
                町田市
多摩立川保健所 042-524-5171
                立川市 昭島市 国分寺市 国立市
                東大和市 武蔵村山市

|

2009年5月20日 (水)

H1N1が出現

5/20夜9時頃に、テレビで速報。
「東京都八王子市の女高生、新型インフルエンザ感染を確認」
とうとう、出ました!関東に、H1N1型インフルエンザ感染!
その女高生は、渡航歴があり、ニューヨーク帰りだそうだ。
いつ出てもおかしくないのに、兵庫県と大阪府が先となった。

今週初めに、感染が120名を越すとニュースが流された後、日毎に、朝夕の通勤にマスクをつける人が増えつつ感じる。今朝は、3割~半分位は、マスク着用。
キオスクやコンビニのマスク・コーナーを見ると、どこでも、売り切れとなっている。

皆さんも気をつけて下さい。

|

2009年5月18日 (月)

ろう者賞賛(4) Clayton Vally

Clayton今日は、故クレイトン・バリーClayton Valli博士について書こう。
私の人生上一番大きな影響を受けたろう者の一人。
社会言語学博士であり、米国手話詩の詩人でもある。
1998年秋に初めてお会いし、来日できないかと交渉して、1999年秋に来日を実現した。
当時、ろう者自身の手話を用いて詩を創作することが考えられなかった。バリー博士の詩学理論を聞いて、創作できることを教えられた。

Fc1563680971社会言語学研究論文を、セル・ルカース博士共著『アメリカ手話の言語学』に載せられている。非常に評価が高い研究論文であると知られ、多くの手話言語学研究論文に引用されている。
私も読んで、フィールドワークのあり方、実験環境の作成について、多く学んだ。
http://books.google.co.jp/books?id=mfS3GlTLAUMC&pg=PA193&lpg=PA193&dq=Clayton+Valli+deaf+poem&source=bl&ots=QpQhNB4byx&sig=JStrH7r-QxYTb_Jom3mwQWQueA8&hl=ja&ei=Az4QSsPGMKfa6gP3gMHvDQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=2#PPR13,M1

950354それから、バリー博士の米国手話詩、特に、『Hands(手)』が世界中有名な詩の一つ。
世界中、手話詩創作に関わっているろう者なら誰でも知っていて、知らないとモグリと言われているほど、大変有名。私も何回も見ても感動させられる。
私の一番お勧めであり、次のURLで注文することができる。
http://www.dawnsign.com/support/aslpoetry.html

最後に、『たんぽぽ』の米国手話詩ビデオを収めたものがある。

バリー博士は、2005年頃、手術後の心不全により、亡くなられた。
エラ・マエ・レンツ女史と共に、手話文学の礎を固めたろう者の一人が、世の中から去ったことが、本当に心が痛い。だがしかし、我々は、バリー博士を忘れてはならないと思っている。

|

2009年5月14日 (木)

ニュージーランド国際ろう短編映画祭

デフ・アオテロア・ニュージーランド(旧ニュージーランドろう協会)が、ろう者と手話に対する理解啓発活動として、5月4日~10日を「ニュージーランド手話週間」として、いろいろ取り組みが行われた。
Dsfflogoその週間後半の5月7日~10日に、『国際ろう短編映画祭』が、ニュージーランド・オークランド市とウェリントン市で開かれた。
参加は、日本参加1作品を含めて、16作品。
参加作品の紹介:http://www.deaffilmfest.co.nz/nz-deaf-films.html
各賞のノミネート:http://www.deaffilmfest.co.nz/nominees.html
20090510_101 20090510_095日本参加の作品は「失われた赤ちゃん」、原作賞(左)と女優賞(右)にノミネートされたことは、驚きだが、大変喜ばしい。

20090510_044 20090510_039最終発表は、5月9日(土)夜の6時から12時まで、タウンホール(左)で行われた。私は、9日昼に短編作品を鑑賞して、夜の発表に出席した。
今回で第4回となり、取り組みも、コメントも、授賞も、本格的であり、大勢が満喫できたと思う。

20090510_106作品賞は、『Best Compost』(左)。撮影技術が大変素晴らしく、斬新的なストーリー展開とと圧倒的な演技であった。

|

2009年5月13日 (水)

世界ろう連盟理事会第92回会議に出席

5月6~8日にニュージーランド・ウェリントン市で、標題の会議が開かれ、私はニュージーランドまで飛んで、出席して来た。
世界ろう連盟アジア太平洋地域事務局から、オセアニア地域事務局の分離独立を希望しているオセアニア3ヶ国と話し合うことも含まれている。
20090510_003この会議に出席して、私にとっていい経験と勉強になったことが勿論だが、それより、各理事の方向や考え方がよくわかったことが一番大きな糧であった。
理事は、各々、地域・文化・宗教が異なる地域から来ているという背景事情が異なっている人ばかりであり、会議などの議論では、どこまで意見を尊重し、どこから反論・議論をしてよいか、本当に難しい。

20090510_030左画像は、会議終了後の5/9にニュージーランドろう短編映画祭の合間に、近くの広場を散歩している時に撮ったもの。
左が私、中がヨキネン理事長(フィンランド)、右がヘッドベルグ理事(スウェーデン)。

20090507_045 20090507_046左の2枚は、5/9の理事会会議終了後、ヨキネン理事長が出席者を労うための夕食会を開いたもの。
ウェリントン港波止場近くの元倉庫を改造してレストランとして開いているところで、ヨキネン理事長とリサ名誉理事長は魚料理が好きということで、魚料理も選べるレストランの予約手配を、ヨキネン理事長が、地元のデフ・アオテロア・ニュージーランド役員へお願いしたらしい。
アンコウを小麦粉でまぶしてオリーブオイルで軽く焼き上げたものが美味しかった。

20090507_047_3この夕食会で思いがけなかったことがあった。
ムーラン理事が突然「ここの誰かさん3人を合わせて170歳になります。それは誰でしょうか?」
多くは「リサさんとヨキネンさんの歳を合わせて、更に、もう1人は50歳、それは誰かな?」と考えたようだ。
(欧州では誕生日と歳を知っておくことが重要ですよね。)
ムーランさんが答えを出した。「それは、リサさんとヨキネンさん、そして、イチローです。」
思いがけない話で驚いた。誕生日祝いのケーキも出されて、誕生日の4月10日に海外で過ごすことがあまりなく、海外で誕生日祝いをもらったことがない私にとって、感激な一時であった。

|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »