« メタボ道場入門 | トップページ | 引き取り犬を考える »

2009年1月12日 (月)

ヒマラヤ山脈

昨年12月にネパール行く時、スワルナプーム空港閉鎖の為、中国国際航空Air Chinaの成田←→北京←→成都←→ラサ←→カトマンズ←→ポカラというかなり遠回りな強行日程となった。
だがしかし、ラサ←→カトマンズは、ヒマラヤ山脈を越えるというハイライトを楽しめるのだ。
Mapしかし、中国上空という事情上、機内誌には、空路の地図ページが載っていないため、どの上空を飛んでいるかわからない。
機内窓から見た記憶では、たぶん、私達の空路は、左図の黄色線だと推測する。
20081209_113 20081209_124生まれて初めて見るヒマラヤ山脈景色
どこまでも続く険しい連峰
本当に人が立てられるのだろうと思うほど、刃のように鋭い
日本の北アルプス、南アルプスが沢山集まったような景色
ヒマラヤを越えると、南西方向からぐっと西北西方向へ回転して、カトマンズへ向かったのだ。

20081209_14520081209_143カトマンズから、左のプロペラ機で飛んで、ポカラへ向かって西北西方向を飛んだ。ヒマラヤ山脈に沿うように飛んでいて、右窓からずっと眺められる

それから、ヒマラヤのどこかの山を登る機会がなくても、朝焼けは絶対に見るべきだと思う。
私達は、ペワ湖(ダム堰止め人工湖)の北にある山の頂上から、日の出を眺めに行った。
20081212_092_2日が地平線から現れると、ヒマラヤの山々の頂上に赤くつき、まさに、ろうそくに灯火を点くように、ゆっくりと下へ赤く染まっていくという感動的なシーンを楽しめるのだ。

|

« メタボ道場入門 | トップページ | 引き取り犬を考える »