« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月18日 (金)

Kota TUA(コタ・チュア)

20080626_126 インドネシアは、欧州各国が貿易収益を睨んだ植民地拡大を争った時代に、オランダ領(植民地)だった。
アジア各地に、東インド会社が開いて造った街が残されていて、インドネシア首都のジャカルタも、港近くにKota TUA、旧街という意味の地区が残されている。

20080626_128 20080626_129この旧街地区は、日本人間では意外と知られていないようで、歩き回っているのは白人観光客ばかり。
左画像の建物は、復旧させた18世紀のもの、現在、人形博物館。右画像は、石畳の大通り。

20080626_138 20080626_139 この地区は、17~18世紀に建てられたものが多く、中心の博物館(右画像 元役所)は、1710年建立。博物館の向かい側に建つ、カフェは、元市長邸(左画像)。格式の高い建物で、休憩にもってこい。

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »