« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年3月14日 (金)

特別支援教育の行方は?(3)

昨日に、静岡県ろう学校の「聴覚特別支援学校」校名反対について、もう少し調べたところ、報告書などが出されているので、読んで事情を理解することも大切だね。

特別決議
ろう学校の校名変更に反対!
ろう学校の存続と充実を求めます!
http://www.e-switch.jp/sz-deaf/deafschool-demand-12th-forum.pdf

ろう学校の名称変更に関する今までの経過について
http://www.e-switch.jp/sz-deaf/progress_report.pdf

昨日に、次の記事が出されている。
この記事は時間が経つと、閲覧されなくなることを考えて、一部を引用してここに載せる。

http://www.shizuokaonline.com/local_politics/20080312000000000010.htm
「聾はPTA名などに」 県教育長、校名変更で提案
2008/03/12

 ---(引用)---
 ****県教育長は11日の県議会2月定例会文教警察委員会で、「聾文化を大事にしていくためにも、例えばPTAの名称などの形で(「聾」の言葉を)残すことができれば」との考えを示した。****氏(民主党・無所属クラブ、下田市・賀茂郡)の質問に答えた。
 ---(ここまで)---

この記事を読んで失望の思いが広がった。
ろう学校の存在意義について真剣に議論している人達の誠意さを受け止めて、行政側の関係者も真剣に考えて発言して欲しいと思っている。

|

2008年3月12日 (水)

特別支援教育の行方は?(2)

東京えは、一昨日3月10日の朝日朝刊、社会面に、「ろう」学校から「特別支援」学校への校名変更に反対する記事が載った。

「聾学校、改称しないで」元生徒ら異議 割れる教委判断
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200803090193.html

私も、校名「特別支援」に対して反対である。

教育委員会が「特別支援」に拘る理由について、正直に言わせれば、腑に落ちない。
教育委員会が述べていることは、校名に無関係なことであり、なぜ「特別支援」に拘り続けている。
従来通り「ろう学校」にしておいて、専門性を高めていき、周辺の学校に協力できる体制にすることができる。
校名を変えれば、制度がスタートできるというものではない。

特別支援教育と変わったことにより、教師免許も変わった。
この内容も、人間自身の能力限界を無視したものになっていると思える。

今まで…
  「私の子供は、ろう学校へ通っているの。」

将来は…
  「私の子供は、特別支援学校へ通っているの。」

こういう会話場面が出てくるだろうか。

文部科学省の公式ウェブに、校名変更の状況が載っている。

文部科学省
校名変更状況
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/011/002.htm

このページによれば、大学附属校の全校、兵庫県、広島県、横浜市が、「特別支援」と変更している。
私の母校・筑波大学附属ろう学校も、筑波大学附属聴覚特別支援学校となっている。誠に心が痛い。

|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »