« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月26日 (火)

バングラデシュ 2/26

20080226_004アジア太平洋障害者フォーラムAPDF総会に出席するため、バングラデシュ・ダッカに来ています。
ダッカといえば、昭和30年代以前生まれの方々なら知っている事件で、日本赤軍が日本航空をハイジャックして、ダッカの国際空港で、人質交換の条件として、6名の釈放を求めたという舞台が繰り広げられたもの。
明日から会議です。
今回のAPDFが第三回と数えますが、障害者権利条約が採択されて以来、初めてとなります。
アジア太平洋地域の多くのろう者が希望する声を反映させるために、いろいろ、考えなければならないことが沢山あり、課題も多いです。

|

2008年2月24日 (日)

香港中文大学

三重で全通研冬集会が開かれていた時、私は、アジア太平洋地域事務局長として、香港へ行って来た。
用事先は、香港中文大学
Pic1

20080211_002 20080211_003この香港中文大学の、語言学及現代語言系(直訳だと、言語学及び現在言語学系)に、手語及聾人研究中心(手話&ろう者研究センター)というところがある。現在、アジアでは、そのようなセンターを構えているのは、この香港中文大学だけだと思う。
そのセンターで、2006年から始まった「アジア手話言語学&ろう者研修プロジェクト」に関するミーティングが行われた。
アジア太平洋地域事務局として、今後どう関わるかを模索するために出席することが目的の核であり、いろいろ説明を聞きに来た。

香港中文大学は、2001年以来の7年振り。
香港中文大学の最寄駅「大学駅」から見える対岸の景色は、2001年当時、山と民家だけだったが、今は、高層アパートがずらりと立ち並んでいる。
一部はまだ建設中であったが、だいぶ変った景色に驚いた。
更に、大学の傍に、高速道が走り、車がガンガンと飛ばしていたのも驚いた。

20080209_025それから、香港では、ちょうど、旧正月の後半であって、どこでも、人々で一杯だった。
久し振りに香港の街を見に、ちょっと九龍へ出掛けてきた。
高層ビル群が増えている。
買い物客を見ると、昔は日本人だらけだったのに、今は、中国本土人だらけ。だいぶ変ったと感じられた。
20080209_043次に、日本の旧正月は、特に、中華街で盛んに行われる行事であって、夜になると提灯に灯りをつけるというノルタジーな夜景を楽しめる。
本番で、旧正月の景色や雰囲気を楽しむのに初めてであり、いい経験になった。

|

2008年2月 2日 (土)

八王子の手話

八王子市から助成金をいただいて、以前から取り組んでいた「八王子の手話」を、印刷発行へ踏み出すことができた。

<参考>
市民企画事業補助金

私自身が、東京都聴覚障害者連盟副理事長と、全日本ろうあ連盟理事に就いて以来、それらの多忙さにより、編集委員会活動から離れて、私のは名ばかりとなった。
編集委員会の方々が努力して、昨年12月の35周年記念大会で発行することができ、長い間の八王子市聴覚障害者協会の夢を実現させることができた。

委員が営業ウーマン如く、宣伝活動にかんばって、かなり、新聞や多くの雑誌に取り上げられ、未だに取材が続いている。
私が予想もしなかった展開だが、委員のかんばりがあったからこそ、成果の形が出て来たわけであり、賞賛したい。

<読売新聞>
Ps80115a八王子の手話ガイド刊行 公共施設など表現統一 聴覚障害者協会=多摩

<八王子市>
「平成19年度市民企画事業補助金」補助金交付事業 一覧、審査結果のまとめ
事業実施部門の37番「「八王子の手話」ガイドブック(八王子市聴覚障害者協会)」

|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »