« 2007年6月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年7月28日 (土)

第15回世界ろう者会議 -開会式編-

20070716_049 20070716_051 20070716_056第15回世界ろう者会議の開会式は、7/16正午からホール(第一部屋)で。
入場開始は朝11時からだが、正午少し前までホールに入ることができない。
ロビーで待って入ることになっているので、ロビーでいろいろな芸があった(左3枚)。
20070716_065 20070716_067左2枚は、開会式前の様子。
日本参加者の席は、舞台へ向かい合って左前に、125席を用意されていた。
20070716_069 20070716_071開会式が始まると、地球の映像が出て(左)、英字順序に、国旗が出た。世界ろう連盟加盟は126ヶ国。
20070716_075 20070716_077 20070716_079左は地元のスペインろう協会理事長、中はスペイン政府副首相、右は2003年モントリオール大会以来再会となるペドロ君達。
主催側・主管側・来賓の挨拶が終わって、女性キャスターが登場して、「忘れてはならない方が一人います。皆さんも、モントリオール大会でお会いした方です。」と述べた時、私は誰だろうと思った。
モントリオール大会で写されたペドロ君達。モントリオール大会からマドリッド大会へ引き継ぐ時の会話が、懐かしく写された。それが終わると、薄暗くなった舞台で、ペドロ君が浮き出た。参加者席には、再会を喜ぶ方々が多くみられた。
20070716_083 20070716_085アトラクションの劇は、タイトルを失念したが、子供の頃、聞こえる・聞こえないを問わず、誰でも一緒に楽しく遊べた。大きくなると、二つの世界に分かれた。
次に、1880年のミラノ会議から、時が流れて、今は…。
手話の啓蒙・手話に対する理解が広がり、ろう女性と健聴男性の恋が生まれる。
最後に、「手話の権利を!」と、参加者と一緒に盛り上げて行った。

20070717_017 20070717_024 20070717_026左は、IMFEMA(インフェマ)の南ゲート。
中は、第10ホールの前で。
右は、誰でしょう?

|

2007年7月14日 (土)

第15回世界ろう者会議 -7/13編-

Parainiciohomeスペイン・マドリッド市で『第15回世界ろう者会議』が開かれている。
<参考>
http://www.wfdcongress.org/eng/version_text.php

私は、先発組として、7/12にマドリッドに着いて、昨日、7/13にWFD評議員会ワークショップへ出て来た。
私はオブサーバーであるため、日本の代表評議員2人とは別に、オブサーバー席から見る。
経緯と報告、組織構造改革、規則見直しの話が出され、主に、組織の見直しが中心であった。

20070712_044 20070712_045左:IFEAMの入口の中(熊に歓迎されている)
右:(南ゲートの)入り口から、北ゲートの上の会場へ行く途中。

終了後、マドリッドはまだ明るいので、スペイン広場へ出かけて、王宮を回って、ソル広場まで歩いた。
夜9時半過ぎに日が暮れたが、夜10時過ぎまでまだ明るかった。
昼間の日射が強烈、冷房の利いた部屋から外へ出ると熱い空気に包まってしまったようなもので、マドリッドは本当に暑い。だが、幸いに日本みたいに、湿気があまりない。

20070712_051道を歩いたら、世界ろう者会議の旗が出されていた。
おぉ、感動!

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年11月 »