« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月12日 (火)

特別支援教育の行方は?

日本における今のろう教育は、「ろう学校」から「聴覚特別支援学校」へ移行するといった、大きな変換に差し掛かっている。
特殊教育の「特別支援教育」理論をまとめた刊行物が、様々な大学や研究機関から発行されている。
文部科学省も刊行されている。

文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/001.htm

しかし、残念なことに、ろう教育に関しては、手話導入や手話教育の文字すら見つかっていない。
過去に、文部科学省がろう学校現場に手話を導入することを公にしたが、教育理論上では実現できていない。
誠に残念だ。
幾つかの理論を読むと、「補聴器等」という表記が多く出されているが、「手話、或いは、日本手話」という表記は大抵出ていない。
「日本手話」を明記した理論が一つ見つかった。それは、宮城教育大学だ。

宮城教育大学
http://www.kyoiku-shuppan.co.jp/books/4-316-80116-3.html

全日本ろうあ連盟が「ろう教育」に関して掲げているのは、「ろう児・生徒の集団生活が重要」。
特別支援教育理論には、ろう教育は集団生活の重要を述べたものが見当たらない。明記しているものはたぶんないと思われる。

いろいろな理論や刊行物を読んで、まず印象に残ったことは、「特別支援教育は、地域校に力点を入れているが、特殊学校の性質・機能の向上に注力してはいない」と感じられた。
このスタイルの特別支援教育をそのまま続けると、ろう教育は、時代逆行となるのではないか。
そういう危惧感を、今のろう学校から感じ取れていない。
今のろう学校はどうしたのだろうか。

|

2007年6月 7日 (木)

第55回全国ろうあ者大会 お疲れ様!

20070531_0106月3日、高松市・県民ホールにおいて、第55回全国ろうあ者大会は盛大のうちに無事に終了された。
参加された皆さん、どうもお疲れ様でした。
参加者は、実行委員会・要員をあわせて、2000名を越していると伺っている。

20070531_051理事として、初めての大会であり、緊張の中でいろいろな仕事をさせていただき、学ぶことが沢山あった。
運動から退いた先輩の方々がお見えになり、多くの友人知人も来て下さり、励ましの言葉を沢山いただいた。
この1年間は、労働対策部付の傍らに、主に総務省での委員会や交渉、そして、海外へと、いろいろ勉強を沢山させていただいた。全日本ろうあ連盟として新しく取り組まなければならないと思われる課題も、私なりに見つけて一部の整理ができたと思っている。
元理事の先輩や、友人知人、そして、仲間のお陰で、いろいろ、取り組んで整理できたことであるので、私一人の財産でなく、皆さんの財産であると思っている。

20070531_063今回は、障害者自立支援法と、国連障害者権利条約に、注目が集まったようだ。
私は、後者の、国連障害者権利条約関連の分科会に出て、パネラー達の話を聞いた。
障害者権利条約の特徴などのキーワードを学ぶことができた。
昨年12月に国連総会で採択され、今年の3月頃に批准締結が80ヶ国以上を上回り、日本の各省・官公庁が翻訳や照合などの作業を進めているところで、批准がまだ行われていない。
採択以来、半年経っていて、当全日本ろうあ連盟では、様々な取り組みの中に「障害者権利条約」を盛りいれている。しかし、講演者は、JDF及び他の障害者団体がどう動いているか、その話をしておらず、見えていないのが、第一印象であった。

20070531_007高松は、35年振りであるが、栗林公園や金比羅以外の記憶が全くない。
羽田から飛び立った飛行機が、瀬戸内海側から入って、窓の下を眺めると、まず思ったことは、左画像のように、溜池の多さだった。
着陸までに溜池を数えていたら、眠ってしまうかもしれない(笑)。
溜池は、大小様々だが、田んぼや畑よりやや高いところが多かった。山谷の溜池も結構あった。

20070531_086 20070531_093 20070531_09035年前の帰りは、確かに夜行のフェリーに乗ったと思う。
今回は、電車で瀬戸大橋を渡ることにした。
新しく改築されたJR四国・高松駅から、マリンライナーに乗り、坂出から瀬戸大橋を渡る。
瀬戸内海を電車で渡ることが、生まれて初めてだ。
高いところからの海の展望がなかなか快適であるように、電車窓からの展望も、なかなか快適でよかった!
だが、10分位かな、あっけなく、瀬戸内海を渡りきってしまったのだ。
もっとゆっくりと走れば、或いは、瀬戸大橋の途中でホームを設ければ、瀬戸内海の景色を楽しめるだろうと思った。

20070531_088皆さん、お疲れ様でした。
そして、来年の福井大会でお会いしましょう。

|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »