« いろいろ、あれこれ… | トップページ | 初夏の八ヶ岳 »

2007年4月29日 (日)

小松博氏

昨日4月28日に、神戸市へ出かけて、小松博氏の偲ぶ会に出席してきた。
ニューオータニ神戸ハーバーランドというホテルで、200名前後集まったようだ。

20070428_019去る4月8日に唐突な死で、あの世から戻らぬ人となった。
兵庫県洲本市(淡路島)に、(社)兵庫県聴覚障害者協会・淡路ふくろうの郷の建設に、大きな原動力となって活躍された方だ。

20070428_012 20070428_014ふくろうの郷入所者も出席された(左)。
生前の小松博氏活躍さの10分間ビデオが披露された(右)。
特に、阪神大地震の救済に駆け回り、ふくろうの郷建設につなげた。

小松博氏は、ユニークな個性的な方。
期待できる若者を見抜いて育てるという腕前の定評が大きいことが知られている。
現在の、兵庫県聴覚障害者協会をはじめ関連団体、そして、全日本ろうあ連盟関係に及んでいる。
小松博氏に育てられた若者達は、しっかりと引き継いで、兵庫県聴覚障害者協会を担っていくことを、私は信じている。

20070428_001阪神大地震後12年になる神戸は、今、他の都市と変わりない。




20070428_031帰りの新幹線の中で、小松博氏との出会い、議論口論、全日ろう連、いろいろな記憶が、脳裏に鮮やかに甦ってきた。
夜空の果へ新幹線が進むのを眺めていると、暗中模索さながら諦めず進んだ小松博氏を重なっているようにみえた。

|

« いろいろ、あれこれ… | トップページ | 初夏の八ヶ岳 »