« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月29日 (日)

小松博氏

昨日4月28日に、神戸市へ出かけて、小松博氏の偲ぶ会に出席してきた。
ニューオータニ神戸ハーバーランドというホテルで、200名前後集まったようだ。

20070428_019去る4月8日に唐突な死で、あの世から戻らぬ人となった。
兵庫県洲本市(淡路島)に、(社)兵庫県聴覚障害者協会・淡路ふくろうの郷の建設に、大きな原動力となって活躍された方だ。

20070428_012 20070428_014ふくろうの郷入所者も出席された(左)。
生前の小松博氏活躍さの10分間ビデオが披露された(右)。
特に、阪神大地震の救済に駆け回り、ふくろうの郷建設につなげた。

小松博氏は、ユニークな個性的な方。
期待できる若者を見抜いて育てるという腕前の定評が大きいことが知られている。
現在の、兵庫県聴覚障害者協会をはじめ関連団体、そして、全日本ろうあ連盟関係に及んでいる。
小松博氏に育てられた若者達は、しっかりと引き継いで、兵庫県聴覚障害者協会を担っていくことを、私は信じている。

20070428_001阪神大地震後12年になる神戸は、今、他の都市と変わりない。




20070428_031帰りの新幹線の中で、小松博氏との出会い、議論口論、全日ろう連、いろいろな記憶が、脳裏に鮮やかに甦ってきた。
夜空の果へ新幹線が進むのを眺めていると、暗中模索さながら諦めず進んだ小松博氏を重なっているようにみえた。

|

いろいろ、あれこれ…

しばらく、ブログ更新を空けてしまいました。
楽しみにしている方々、申し訳ありませんでした。
まず、最近状況を。

20070425_003 20070425_006 20070425_014 大学院入学して間もなく1ヶ月になります。
講義は3週目を終えたところ。
社会人大学院生は、大学院生とは別に講義を受けると思っていたが、勘違いだった(爆笑)。
大学院生と一緒に学ぶので、最初は、年齢的に精神的に違和感がありました(爆笑)。

左の3枚画像は、工学院大学八王子校舎。
ゼミの合間に、生協へ飲み物を買いに行って戻る時に撮影したもの。
染井吉野桜のシーズンが終わり、花水木と山桜、ツツジのシーズンに入りますね。

講義のほとんどが新宿だが、指導教授は八王子校舎に据えているので、ゼミなどのミーティングは八王子へ行かないといけない。

20070427_002工学院大学新宿校舎の隣のエステックビルの地下から路上へ出る時に撮ったもの。
向かい側が、住友ビルかな。
みずみずしい若葉と透き通った空が、爽やか。気分もよくなり、意欲的になるね。

20070427_013戸山サンライズでの会議を終えて、帰りに、都営地下鉄・大江戸線の若松河田駅の隣の、小笠原伯爵邸の夜景色を撮りました。
由緒があり、格式の高い建物で、住んでみたいのですね。
その建物は、現在、東京都視覚障害者支援センターになっています。
東京都内に、視覚障害者関係施設が、両手の指数ほどあります。
しかし、聴覚障害者関係施設は数ヶ所しかありません。
この差は何でしょうかな。

|

2007年4月 8日 (日)

SAKURA

東京の各地では、桜満開、花吹雪の展開です。
うちの近くの青空公園の桜は満開。少し高いところの久保山公園の桜は、散り始まっている。

20070407_003左は、工学院大学八王子校舎の南門から5号館へ行く坂道の桜並木。
降りる時、上を見ても下方向を見ても、さくら・桜・SAKURAの世界…。
うちの八王子市に、大学が結構沢山ある。中央大学の桜が名所らしいが、まだ出かけたことがない。
それから、車15分位の滝山城址公園に、ソメイヨシノザクラが散った後に咲き始める山桜があるので、それも楽しみだね。

20070407_004 20070407_009次は、大学で、2年間指導をいただくことになる教授と、時間割と年間計画について相談した後、夕方5時頃に、八王子市市内の富士森公園へ出かけた。
八王子市聴覚障害者協会・2手話サークルとの三連会による花見会に出てきた。
もう、雰囲気は、夜桜モードへスイッチを切り替えたようだ(笑)。
白灯で照らされると、ソメイヨシノザクラの淡いピンク色が、青い夜空をバックにしてくっきりと出てきて、眺めるのになかなかよろしい。
提灯に照らされた夜桜を見ると、黄色っぽくなっているが、それもまた違って、なかなかいいなぁと思った。

|

2007年4月 7日 (土)

入学しました

4月5日に、工学院大学大学院の入学式が行われ、宮本自身が大学院生になりました。
厳密に書くと、社会人大学院生です。
勿論、仕事、ろう運動、学業を続けます。
勿論、続けることは、体力的に精神的にきついと思いますが、2年間かんばろうと思っています。

二つを掛け持つことを「両立」と書くけど、三つ以上を掛け持つことを何と書くのかな。

20070403_032 20070403_035 左が入学式。右が地下1階のエレベータ脇。

|

春の長崎で

20070330_012昨年春以来実家へ帰っていないし、4月第一週に入ると、いろいろ忙しくなるので、仕事が落ち着く3月末に長崎の実家へ帰省。
往復共、飛行機。
30年前は、東京・長崎間を往復共、寝台だった。飛行機の方が料金が下がり、逆になってしまった。
機内で窓下の富士山を見た時、30年前、上京する度に、寝台で夜を明かした後、朝一番に富士山を眺めて意気を奮い立てていた自分を思い出した。

20070331_001 20070331_002 20070331_0033枚画像は、JR大村線の大村駅。
生まれた時から、近くを通り、利用し、眺めて、育っった。
駅舎は大正以来。時が行くままに、駅周辺は変わってきた。駅前に、銀行ATMやコンビニストアがたち、駐車場が整備されたが、本町通りの人通りが寂れてきた。
駅構内の八重桜が満開。
ソメイヨシノザクラの後に咲くはずだが…。

20070331_005 20070331_023帰省間に長崎へ出かけた。
長崎県ろうあ福祉協会へ挨拶しに出かけたのだ。

事務所が新居への引越しの真っ最中で忙しいにもかかわらず、お付き合いを下さってありがとうございます。
       >長崎県ろうあ福祉協会の皆さん

左は、今年3月まで事務所を構えたところの、長崎県総合福祉センター。
右が、今年4月から新居となる長崎こども・女性・障害者支援センター。(参考:記事
新居には、聴覚障害者情報提供施設を据え、長崎県ろうあ福祉協会の事務所も構える。
この新居は、平和公園の裏にある。

20070331_030 新しく変わった長崎駅舎

|

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »