« 公立はこだて未来大学 | トップページ | 11/19:D'LIVE Vol.3 »

2006年10月14日 (土)

27年振りの函館

20061012_103研究発表のための出張で、函館へ行く機会に恵まれた。
函館は、高3の修学旅行以来であるので、年数を数えてみたら、何と、27年振りだ!
4半世紀を越える再訪問だ!

修学旅行当時、進学に悩まされて、同級生のことも悩まされて、気分が晴れず、暗い思いの日々だったと、記憶が蘇って来た(笑)。
当時、青函トンネルがまだなかったので、青森まではくづる、青森から函館まで青函連絡船で渡ったのだ。
だが、しかし、記憶は昼間に函館山から眺めた遠景と、石川啄木像だけだ。
なかなか思い出せないのだ。苦笑い。
空港からの連絡バスが函館駅前に着いた時、ロータリー周辺の景色は、高層のホテルばかり。
あの当時は、広いロータリーがあって、閑散な雰囲気だったと思い出したので、見違えて驚いた。
青函トンネル開通と共に廃止となった青函連絡船は、博物館となって、保存されている。
ホテルに荷物を預けてから、まず訪れたのは、次の画像の、この博物館だ(笑)。
20061012_013デッキを踏む度に、修学旅行で同級生と乗り、仲間と賑わしたことの記憶が、ゆっくりと蘇って来た。
懐かしく思った。
一番上のデッキから、函館駅方向を眺めることができる。
しかし、車道の橋がずっとつながっていて、港という雰囲気や面影がもうなくなっていた。
青函連絡船から降りて、列車が止るホームへ歩いて行くことが、私にとって珍しく、貴重な経験であったと覚えている。その面影がなくなったことが、ちょっと、寂しかったなぁ。
研究会が終わった後、参加者の多くは、もう1泊をとって、翌日の土曜日に帰るという方々が多かった。
私は、翌日に会議予定が入っている為、どうしても、最終便に乗って帰京しなければならない。
夜7時35分発の最終便に、右窓側の席を取ったので、ばっちり、函館の夜景が見れたのだ。
20061012_077ブレがあり、あまりきれいに撮れなかったけど、形がわかるので、それでよしとしよう(笑)。

20061012_091 20061012_103_1

|

« 公立はこだて未来大学 | トップページ | 11/19:D'LIVE Vol.3 »