« 目で聴くテレビ デフリンピック・メルボルン大会 | トップページ | 宮崎で »

2006年6月30日 (金)

台東区の墓

朝早くから奇妙なタイトルに怪訝な思いをされていたら、ごめんなさいです。
夏恒例の怖い話ではないのです。真面目な話です(笑)。

20060624_084某日、私が台東区へ講演しに行った時、施設の隣が何と墓地!
怖いのではなく、施設の隣が墓地とは、私自身が今まで経験したことがなかったので、珍しく思い、シャッターをおろしたわけ…(笑)。
台東区の方に、隣の墓地についていろいろ聞いたら、関心深いことが幾つかあった。

・台東区は、古くから寺が多く、勿論、墓地も結構多い。
・台東区の人口は現在16万人。
 墓地の様子を見ると、もしかして、墓数の方が台東区人口を上回っているかもしれない。
・高齢化が進んでいる。
 次の参考の年齢層別の数を見ると、20代以下がかなり少なく、アンバランスになっている。
 <参考>台東区年齢別人口

いろいろ話を聞いて、私が一番関心を持ったのは、墓地の墓数であった。
墓数が多ければ多いほど管理が大変でしょうし、いなくなった檀家の墓をどう管理するのかなと思った。

|

« 目で聴くテレビ デフリンピック・メルボルン大会 | トップページ | 宮崎で »