« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

台東区の墓

朝早くから奇妙なタイトルに怪訝な思いをされていたら、ごめんなさいです。
夏恒例の怖い話ではないのです。真面目な話です(笑)。

20060624_084某日、私が台東区へ講演しに行った時、施設の隣が何と墓地!
怖いのではなく、施設の隣が墓地とは、私自身が今まで経験したことがなかったので、珍しく思い、シャッターをおろしたわけ…(笑)。
台東区の方に、隣の墓地についていろいろ聞いたら、関心深いことが幾つかあった。

・台東区は、古くから寺が多く、勿論、墓地も結構多い。
・台東区の人口は現在16万人。
 墓地の様子を見ると、もしかして、墓数の方が台東区人口を上回っているかもしれない。
・高齢化が進んでいる。
 次の参考の年齢層別の数を見ると、20代以下がかなり少なく、アンバランスになっている。
 <参考>台東区年齢別人口

いろいろ話を聞いて、私が一番関心を持ったのは、墓地の墓数であった。
墓数が多ければ多いほど管理が大変でしょうし、いなくなった檀家の墓をどう管理するのかなと思った。

|

2006年6月29日 (木)

目で聴くテレビ デフリンピック・メルボルン大会

20060624_083左写真は、『目で聴くテレビ デフリンピック・メルボルン大会』DVD版。
「目で聴くテレビ」公式ウェブを見て、早速、注文して、先週末に届いた。
放送されたものの縮小版で見て、感想は?と聞かれると、日本から参加したスポーツ種目が少ないということだね。
少ないということは、夢が奪われたまま現在に至っているといっていいかもしれない。
夢を与えて、いろいろな種目に参加できるようにする為には、何を何に取り組むか、それは、私の得意とする分野・畑が違うので、何とも言えないのが正直な思い。

<参考>
目で聴くテレビhttp://www.medekiku.jp/contact/contact.html

ビデオ・DVD販売中http://www.medekiku.jp/sell/deaflimpic2005.html

金額は次の通り。
  ビデオ 1本 4,200円 (税込)
  DVD 1枚 4,620円 (税込)
 送料(全国一律)
  ビデオ 1本 210円、2本 290円、3本 340円
  DVD 1枚 140円、2枚 210円、3枚 290円
  ビデオ1本+DVD1枚 290円

|

2006年6月28日 (水)

夏場のらん&ヒロ&ミチコ

20060624_075もうすぐ1年半になるヒロ&ミチコは、2度目の夏を迎える。

参考:2006年3月21日の日記
http://miyamoto-deaf.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_93bf.html

暑さに弱く、27度以上の日に冷房が不可欠だ。
今日に、初めて、クーラーのタイマーをセット。

最近数年は、温暖化問題の影響により、熱帯日が増え、且つ、夏が長くなっているので、クーラーの電気が結構かかっているようだ(笑)。

|

2006年6月27日 (火)

日本聴力障害者新聞2006年7月1日号

20060624_116日本聴力障害者新聞2006年7月1日号のトップページの写真は、第54回全国ろうあ者大会in静岡の、新任理事総勢挨拶の様子だ。
この写真の、右から3番目が私。

右から、水田理事、福島理事、私(新)、中橋理事、児玉理事(新)、本多理事、安藤理事長、中村理事、蔵本理事(新)、比嘉理事、坂上理事、伊藤理事、西滝理事。

写真幅の都合上で写真に出ていない方々は、次の通り。
松本副理事長、石野副理事長、小中事務局長、長谷川理事、山根理事、大屋理事、松本理事(新)、河原理事(新)、小椋理事、園田理事(新)、嶋本理事(新)、そして、議長団の浅利さん(新)、岩本さん(新)、倉野さん(新)、横島さん(新)、吉野さん(新)。
肥田監事、藤森監事、内田監事(新)。

理事の多くは、青年部・女性部の運動、議長団の経験を積んで、理事へ上がって来ている。
或いは、地元での活躍に対する評判・評価により、理事になられた方々もおられると思う。
私の場合、手話言語学(日本手話研究所)と手話通訳(国際手話通訳)の畑から、ろう運動へ転向した身分である。勿論、地元の運動経験がないわけではない(笑)。
運動論のいろはをどう消化して、どう活かして、全国津々浦々の聴覚障害者の向上の貢献にどう繋げて行くことを、第一関門として、考えて取り組んで行きたい。

|

2006年6月26日 (月)

イビチャ・オシム

24日の記者会見での、川淵三郎会長の失言で、次期監督のイビチャ・オシム氏が一気に注目話題人物となった。
インターネットでいろいろ調べたら、ジェフユナイテッド監督としての名言を納めた『語録』があることがわかった。
URLは、次の通り。

ジェフユナイテッド公式ウェブ
イビチャ・オシム  IVICA OSIM
http://www.so-net.ne.jp/JEFUNITED/player/2006/osim.html

語録
http://www.so-net.ne.jp/JEFUNITED/goroku/index.html

読んで意味不明なこともあるが、共通の経験の限りでは、なかなか力説だ。
皆さんも一度目を通すことをお勧めしたい。

|

2006年6月25日 (日)

第35回関東ろう者体育大会

第35回関東ろう者体育大会が茨城県日立市・ひたちなか市で開かれた。
競技は、次の通り。

第59回野球競技
第38回卓球競技
第35回バレーボール競技
第27回サッカー競技
第26回テニス競技
第25回ボーリング競技
第24回ゲートボール競技
第17回ソフトボール競技
第13回バドミントン競技
第5回バスケット競技

私は、ソフトボール競技を担当。
ソフトボール競技会場は、日立市市民運動公園から車で北方向へ15分ほどの、諏訪スポーツ広場。
晴れてスポーツ日和であった。

東京都チームが、1回戦の対茨城県で15対7(下左)、2回戦の対埼玉県で20対19(下中)、勝ち進んで、決勝戦へ進出して、第一日目が終了した。
ソフトボール競技の東京都チームよ、お疲れ様(下右)。
第二日目もかんばって下さい。

事情通の方の話によると、事情上棄権した山梨県チームは、ピッチャー集団を揃え、打線が強く、優勝候補だそうだ。
棄権で不在となったトーナメント戦では、茨城県を倒せば、東京都が優勝候補になるかもしれないとのことであった。
20060624_093_1 20060624_100_3 20060624_098_1




20060624_103 青い空をバックとしてはつらつとした茨城県の皆さん、本当に眩しかったのです。お疲れ様!

| | コメント (0)

2006年6月21日 (水)

モンサンミシェルは昔の姿へ

6/20付のヤフーニュースで、モンサンミシェルを昔の姿へ戻す事業を始めるというニュースが流された。
内容では、フランス政府が、6年計画で、堆積砂の除去作業が開始されたとのことだ。
この作業の終了は、2011年。
まず、堤防道路を壊して歩道橋へ、そして、最終的に駐車場を壊して、この後、観光 客が船に乗って渡ることになるらしい。
入り方が、車か船によって、ガラリと変ってくる。
エジプトに続いて、2012年以降に、行こうと…。

 -----(引用)----
仏の「海上の修道院」取り戻せ…砂の除去開始
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060619-00000415-yom-int

 【パリ=島崎雅夫】フランスの世界遺産・モンサンミシェルの本来の景観を取り戻 すため、仏政府は今月から、小島と陸地の間に堆積(たいせき)した砂を除去する事 業を始めた。

 島の中心部に修道院が建つモンサンミシェルは干潮時は陸続きだが、満潮時には島 全体が海に囲まれ、海の中に“きつ立”するようになる。だが、19世紀後半に島と 陸を結ぶ道路ができたため、潮流が変わり、大量の砂が周囲に堆積。陸続きの時が多 く、幻想的な景観が失われつつある。島はかつて陸地から約4キロ・メートル離れて いたが、現在は砂の堆積で数十メートルの距離しかないという。

 仏政府は6年計画の今回の事業に1億6000万ユーロ(約232億円)を投入。 現在の道路を壊して歩道橋に替え、本来の潮流を復活させるとともに、大量の砂を取 り除く。2011年には堤防道路脇の駐車場を取り壊すため、観光客や巡礼者らはフ ェリーで島に入ることになる。

|

国際捕鯨委員会第58回年次会議International Wahling Commission's 58th Annual Meetingで、この間の6/18に、「商業捕鯨再開を支持」33票を、1票差で可決 されたと、ニュースが流れた。
商業捕鯨再開の賛成国が4半世紀をかけて、ようやく可決へと。

反対国の多くは、鯨を愛すると謳っているが、各々の国々へ行くと、テレビなど様々見たり、歴史を見たりすると、矛盾を感じることがある。
欧米の多くが、鯨を乱獲し、無駄にした。その歴史事実を棚上げにして、乱獲減少の 責任を、日本をはじめ、捕鯨国へ擦り付けて非難を浴びた。
それから、鯨を食用とする地域のドキュメンタリー番組で鯨の部分をカットしたのも見た。
そういう歴史が、4半世紀も続いた。

Title鯨ポータルサイト
http://www.e-kujira.or.jp/iwc/iwcmeeting.html

|

2006年6月20日 (火)

関東ろう連盟ブログ

関東ろう連盟ブログが、6月7日より開始。
書き込みはまだないが、今後、関東ろう連盟をはじめ、傘下の都県協会の行事などの案内が載せられるようになるかもしれない。
皆さん、よろしくお願いします。

|

2012年をメドに、大エジプト博物館

009世界遺産で有名なピラミッドやスフィンクスの近くに、「大エジプト博物館」が建設 されることになったそうだ。
2011年6月オープンを目指すとのこと、2012年以降に、再び、エジプトへ行 こうと…。
誰でも行くと、ピラミッド、スフィンクス、そして、サハラ砂漠の景観、歴史と自然 に圧倒され、ただ、感嘆のみだ。
「大エジプト博物館」開館を期待したい。

※写真は、JTBより。

 -----(ヤフーニュースより引用)-----
大エジプト博物館新設へ ギザ、日本も資金協力
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060501-00000028-kyodo-int

 【カイロ1日共同】エジプトの首都カイロ郊外ギザにあるクフ王のピラミッドやス フィンクスの近くに「大エジプト博物館」を建設する計画が進んでいる。現在、カイ ロにある考古学博物館に代わり、同国の観光の目玉になる。
 総工費は約700億円で日本が348億3800万円の借款を供与。4月30日に 槙田邦彦駐エジプト大使とアブルナガ国際協力相が関連文書に署名した。
 新博物館は2011年6月のオープンを目指し、08年に着工予定。ピラミッドか ら約2キロの距離に建設され、展示スペースは3万5000平方メートル。
 カイロの博物館は建物や施設が老朽化、スペースも手狭になり「倉庫のような」 (アブルナガ国際協力相)状況。ツタンカーメン王の黄金のマスクなど主要な収蔵品 は新博物館に移され、研究・教育機能や保存修復施設も充実させる。

|

2006年6月19日 (月)

青葉シンボルロード

静岡市・葵区役所から西へ伸びる青葉シンボルロードで、私達は、青葉横丁へ行く途中、男性像の彫刻を撮った。
日が暮れかかっていて、街灯がつき始めていた。
20060507_062薄暗い、この通りで、軽やかに歩き交わそうとしている二人男性像。
作成者を調べていないが、軽やかな足取りがなかなかいい。

|

障害者自立支援法

今年4月から施行された「障害者自立支援法」は、障害者当事者の視点から見れば「悪法」。

障害者の自立をうたったものだが、事実、障害者には、自力で仕事して自力で生活できる道を確保できない方々が多い。
彼らは、障害年金などが頼りであり、精一杯なのが実情だ。
先述の「障害者が自力で仕事して自力で生活できる道を確保できない」ことは、障害者自身の問題ではなく、社会の多数派となる健常者自身に問題があるのだ。
健常者自身の「社会的責任」を果たしていないからこそ、障害者を社会的弱者へ追いやっている。
女性差別が改善され、女性が男性と同等な立場の社会が実現されたように、障害者が健常者と同等な立場の社会を実現できるように、社会的多数派の健常者が努めなければならない。

仕事と生活の自立の道を確保できる社会的インフラが完成させないまま、スタートされた「障害者自立支援法」は名ばかりであり、自立ではなく、より弱者へ追いやっているのが現状だ。

何もかもメリットがない「障害者自立支援法」を直ちに廃止すべきだと考えている。

|

2006年6月13日 (火)

リチャード・グリフィズ(俳優 コーダ)

Uncle_vernon_hp左画像の男優は、リチャード・グリフィズRichard Griffiths。
そう書いては、すぐ思い出せないかもしれないので、もう1枚加えよう。

Daniel_radcliffe12この画像を見て、皆さんは思い出すのでしょう。
そうです、人気絶頂のハリーポッターの意地悪なブルノンおじさん役です。

リチャード・グリフィズ俳優は、何と、コーダだそうだ!
英国ヨークシャインで、ろう両親の元に生まれて、現在、米国で映画や演劇で活躍されている。
http://en.wikipedia.org/wiki/Richard_Griffiths

B_taw_pr_07_griffithsリチャード・グリフィズがコーダだと知ったのは、6/11に、2006年トニー賞の3部門を授賞されたというニュースで、彼がコーダだという内容だった。
http://www.tonyawards.com/en_US/nominees/shows/T/thehistoryboys.html

コーダが映画界で活躍されていると知ると、世界中のコーダに大きな勇気を与えられるだろう。
コーダを育てるろう両親も、心強くなるのだ。

|

第54回全国ろうあ者大会

第54回全国ろうあ者大会in静岡の画像を載せよう。
全日本ろうあ連盟理事に当選できた私自身にとって、この大会が記念すべきものであり、静岡市が縁のある街となった。
20060507_103 20060507_104


20060507_112安藤理事長の挨拶


20060507_116大会風景。参加者が3059名。


20060507_124 20060507_125

|

2006年6月11日 (日)

静岡おでん

20060507_067静岡といえば、お茶と、うなぎパイじゃ、もう飽き飽きだ。
お勧めは、静岡おでんだ。(左写真)
初めて、静岡おでんを食った。
食べ方は、青海苔と鰹節を刻んで混ぜたふりかけをかけて食べるのだ。結構、うまいのだ。

静岡おでんを食ったのは、青葉横丁というところ。
道幅が広い青葉シンボルロードと昭和通りとの交差点近くの、葵区役所寄り。
20060507_063_1入り口の看板が鮮やかで、目立つ。(左写真)
緑色の看板が目印だ。派手な飾りがあるので、すぐわかる。



20060507_065_1 20060507_069たらふく食った後、店の外へ出ると、もうとっくに日が暮れて、暗くなっていた。
赤提灯と、ピンク色の造花が、なかなか幻想的だ。

|

大井川鉄道(2)

20060507_032_1雨模様景色の大井川は、悠々と、流れていた。その景色を楽しみながら、駅弁を食った。

20060507_027 20060507_028その駅弁は、「大井川鉄道 SL復活記念30周年 記念弁当」、いわゆる限定版の弁当なのだ。(左写真)
弁当の中身について、特に、特筆すべきことは、茹でて赤味かかった桜えびがたっぷり入っていることだ。(右写真)
ご飯と一緒に食うと、桜えびがさくさくとして、口ごたえがなかなかいい。

|

2006年6月10日 (土)

全日本ろうあ連盟理事当選

20060507_073今日6/10午前8時半から、財団法人全日本ろうあ連盟理事選挙が行われた。
定員21名に22名が立候補。
投票が終わったのは、10時頃。その後に、開票集計が行われ、私達は全体会に。
開票結果が発表されたのは午前11過ぎ。

20060507_077_2324票のうちの201票を得て、当選。

私自身にとって、記念すべきとなった。
周辺から大勢の方々から祝福をいただいた。
これから、日本の多くの聴覚障害者のために、かんばろうと思っている。

|

大井川鉄道(1)

全国ろうあ者大会での合間に、金谷~千頭(せんず)までの大井川鉄道の旅を楽しんだ。
往復共、SLに乗車。
車両の振動、揺れが懐かしく甦って来た。
記憶が明らかではないが、恐らく、40年振りだろう。
普段なら、走る車両に揺られて、気持ちよく寝てしまうはずだが、珍しく、往復共、雨の大井川の景色を楽しみながら、ずっと見ていた。
20060507_037 20060507_040 20060507_036

|

2006年6月 9日 (金)

全国ろうあ者大会第一日目

20060507_057今日6/9から、全国ろうあ者大会第57回評議員会が、東静岡駅近くのグランシップ(左写真)で開かれた。
午前は全大会、午後は第一~第四分科会の議論。
グランシップ、その施設はなかなか快適だ。
しかし、飲み物は、ペットボトルが不可、紙パックがOKなのだ。理解できず人々が多い。
他の施設では、ペットボトルを投げて怪我をさせるような凶器になりえることもあるから、禁じているところがあると聞いたことがあり、たぶん、その一例かもしれない。
でも、持ちやすいペットボトルがないとは辛い。
明日は、紙パックを多めに買って、持って行こうよ。

|

2006年6月 7日 (水)

ブリストル大学ろう者学センター

Banner

Banner今日、仕事関係上、論文のタイトル、ページを調べようと、ブリストル大学ろう者学研究センターCentre of Deaf Studies, University of Bristolのp公式ウェブへ行った。
そうしたら、リフォームされて新しくなっていた。

ビデオが増えた。
学術論文の掲載も増えた。
研究実績も豊富になった。
教授助教授・講師も増えた。
大学院生も結構増えているようだ。(日本人学生が一人いるのだ)

ニュースページを見ていたら、「BSL Haiku Festival(英国手話俳句フェスティバル)」案内を見つけた。

7月29日~30日に、Burwalls Centre for Continuing Educationという館で行われるそうだ。
参加費は、40ポンド(約8000円)。
当日、私は、ベルリンへ行くことになっている。惜しいな。

そして、次のパネラーによる議論も予定されているそうだ。

Paul Scott (poet)
Judith Jackson (poet)
John Wilson (poet)
Rachel Sutton-Spence (University of Bristol)

スポンサーがついていることも知った。スポンサーを見たら、日本財団も入っていて、海外では、笹川という綴りが使われているのですね。

|

コメント、トラックは当分の間…

私のブログのコメントやトラックに、1ヶ月ほど前から、怪しいURLのリンクが勝手にはりこまれているので、当分の間、「受け付けない」と設定しておきます。
コメントを書きこむと、私のところへ、公開を承認するかどうか、メールが来ることになっています。
お手数をかけますが、よろしくお願いします。

|

2006年6月 6日 (火)

第54回全国ろうあ者大会

Fuji51今週末は、静岡市・グランシップを本会場とする第54回全国ろうあ者大会が開かれるのだ。
1年振りに、全国各地から仲間と久し振りにお会いする。
だが、今回の全国大会は、私にとって特別なもの。
それは、財団法人全日本ろうあ連盟理事に立候補している。
定員21名を越す立候補22名、更に、新規立候補が5名。
多くの理事は、議長を経ていて、今回の立候補も同様、議長経験がある方々ばかりだ。
本当に緊張している日々だ。

|

2006年6月 5日 (月)

東京ばな奈のクーヘン

Main_img東京ばな奈のクーヘンいえば、三色の『しっとりクーヘン』と、キャラメルをかけた『バウムプリュレ』。


Ph_kuchen1 Ph_burure1私が4月に長崎へ帰省した時、羽田空港で、「羽田空港版、且つ、期間限定」で、『ばななクーヘン』が売られていた。行列が並んでいたので、美味しいに決まってるだろうと思い、買ってみた。長崎へ持ち帰って、実家の冷蔵庫に入れておいて、東京へ戻って、早速食べてみた。
バナナの味がして、クーヘンにしてはよく似合って、美味しい。
クーヘンは、ちょっと明るい黄土色をしているが、「ばななクーヘン」は、バナナ色で、明るい黄色。

どこで売られているかなと思って、公式ウェブで調べたけど、どうも、終了したみたい。
惜しいな。
http://www.grapestone.co.jp/tokyobanana/

|

モンテネグロ

セルビア・モンテネグロのモンテネグロ共和国議会において、先日6月3日に、住民投票の独立賛成55%という条件を越えて、セルビア・モンテネグロ共和国が、それぞれ、セルビア共和国、モンテネグロ共和国へ分割独立となる。
Mapかつて6つの共和国で構成された旧ユーゴスラビア連邦が完全に解体されたことになる。
モンテネグロ共和国は、人口約62万人。果たして、経済が一人前になれるか、疑問だ。
在セルビア・モンテネグロ日本大使館が作成した資料「セルビア・モンテネグロ情報」を読むと、不安な材料ばかりだ。
モンテネグロ共和国
http://www.yu.emb-japan.go.jp/Japanese/S&Minfo.htm#IV

ともかく、モンテネグロ共和国の発展を祈るのみ。

|

2006年6月 3日 (土)

長州ファイブ(映画情報)

Contheader

長州ファイブの公式ウェブ
http://www.chosyu-five.com/

今年春にロケ収録が終了したらしい。
その映画は『長州ファイブ』、幕末から明治維新へかけての間に活躍された長州藩の若い志士5人の情熱な物語を描いたものだ。
若い志士5人とは、山尾庸三、井上勝、井上馨、伊藤博文、遠藤謹助だ。
密航先の英国は、当時、産業革命により近代化が進み、オランダを凌ぎ、世界で一番先進国であった。
若い志士5人は、新しい技術知識など貪るように吸収して、帰国して、明治維新の政府の一役となった。

20060214035lその一人の、山尾庸三(やまがた ようそう)は、現在の筑波大学附属ろう学校、当時の楽善会の創立に働きかけた。(昨年に、創立130周年を迎えた。)
英国スコットランド州グラスゴーの造船所で、ろう者が手話で語り合い、設計の仕事をしているのを、山尾庸三が見かけたことが動機だったと聞いている。

だが、この公式ウェブを見て、ちょっと不満なのか、後援か協力に、「筑波大学附属ろう学校」が見当たらないことだ。実際に、筑波大学附属ろう学校、もしくは、同窓会が協力したかどうか、確認していないが…。

※写真は、公式ウェブより

|

2006年国際空港ランキング

Waptawd3004b
Sinchangi2205

skytraxによる2006年国際空港ランキングが発表された。
総合では、シンガポール・チャンギ空港がトップ。
国内の国際空港トップは、4位の関西空港。
10位以内に、アジアの5空港が入っている。アジアの国際空港の飛躍が目覚しい。
かって一般もビジネスもかなり好評なオランダ・スキポール空港がベスト10から外された。

skytrax
国際空港ランキング結果(英語版)
http://www.worldairportawards.com/Awards-2006/AirportYear-2006.htm

項目別ランキング(英語版)
http://www.worldairportawards.com/Awards-2006/Regional.htm

昨日6/2に、成田空港第一ターミナル南ウィングが改築工事が終わり、オープンされた。この南ウィングの面積だけで、国内空港で最大規模だそうだ。つまり、今まで、国内空港の最大規模であった成田空港第二ターミナルの規模を超えたことになり、第一ターミナル北ウィング+南ウィングの面積がかなり大きいものだということだ。

|

2006年6月 2日 (金)

竹島問題

T00日韓間で揺れている竹島問題の公式ウェブを紹介しよう。
島根県庁の公式ウェブからリンクされているものだ。
英語版と韓国語版を読むことも可能だ。

かって、毎日、領海侵犯の違反を理由にして、多くの日本漁船が韓国に逮捕されました。
この竹島の歴史を知っておくと、理由事情がわかってきます。

かえれ!竹島
http://www.pref.shimane.jp/section/takesima/top.html

|

コンゴルド

昨年に英国とフランスにおいて、最速航空機コンゴルドの製造、飛行を終了とすると発表されて、今は、飛んでいない。
世界のどっかで博物館に保管されていると思う。

20060505_022パリ・CDGに、コンゴルドが展示されていることがわかった。
但し、車で或いは徒歩で近くまで行って見ることはできないようだ。
それは、2本滑走路の間にあるから。
空港バスの移動途中で、又は、着陸時の走行途中で、見ることができるでしょう。
展示位置は、CDG2のBターミナルの脇(CDG1方向)。

|

2006年6月 1日 (木)

クロアチア紀行(最終)

20060504_010 20060504_012アドリア海沿岸を回って、ヴコヴァルへ行って、ザグレブへ戻って、初めて、手話通訳付の番組を見たのだ。番組はニュースらしい。
左下に、手話通訳のワープが入っている。
だが、凄い対応モード…。唇で喋っているのを見ると、手話は半分位。

クロアチア全体を思ったことを書こう。

・物価が全体的に割高な感じがある。日本の1.2倍かな。
 パン、野菜、果物は安いが、料理や加工物、飲み物となると、ぐっと高くなる。
 ホテルは、高い。ビジネスホテルに相当するホテルさえ、日本では6千円程度なのに、1万円前後。
・治安は悪くない。
・一般人も英語ができる。
・ザグレブのホテルが少ない。

|

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »