« クロアチア紀行(6) | トップページ | タンタンTinTin »

2006年5月23日 (火)

クロアチア紀行(7)

オシイェックは工業都市だ。
かって工業で栄えた時期があり、その時期に多く建設されたバロック様式建築が今も多く残されている。
ウィーンのような華麗さがないが、町中バロック様式の建築ばかりで、なかなか楽しい。

家の玄関入り口のデザインがなかなかいい。
20060503_111 20060503_112 20060503_113 20060503_117





20060503_103 20060503_104 20060503_115建築デザイン。
ぶらつくだけでも本当に楽しい。
20060503_12220060503_123 20060503_127_1


20060503_140 20060503_141 20060503_146旧街
左は恐らく役所、中・右は教会



20060503_137旧街の石畳の通り


20060503_139旧街の広場
バロック様式建築に囲まれた広場は、人々が少なく、パリやスペインの騒々しさがなく、静か。
だが、風致地区とか保存などの取り組みもないようで、落書きとか、景色を壊しているところが見られる。
20060503_151クロアチアはスポーツが盛ん。バスケ、バレー、サッカー、水球などのプロ選手を多く輩出することで有名。
夕方になると、どこでも、スポーツを楽しんでいる人々が多い。
20060503_158 20060503_160ホテルの6階から北方向へ眺めた町景色。夜8時頃に撮った。

|

« クロアチア紀行(6) | トップページ | タンタンTinTin »