« 第35回耳の日記念文化祭が無事に終了 | トップページ | 放送記念碑 »

2006年3月 8日 (水)

運手免許証写真のターバン着用禁止

ネットニュースを見たら、次の記事が出ていた。

免許証はターバン不可 シーク教徒に仏国務院

 フランス国務院で行政訴訟で、「ターバン着用の写真は運転免許証に使用不可」とした運輸省通達について、シーク教徒らの取り消し請求に対して退ける決定を下したとのこと。
 ターバンで顔の識別が困難になると想定、公共の安全と秩序の維持を重視して、通達を出しているそうだ。
フランスでは、過去の2004年に、公立校でのモスリム女生徒のスカーフ着用を、憲法の政教分離の原則に基づいで禁止したことが有名事実。運輸省の通達と、国務院での却下に対して、シーク教徒側が反発しており、新たな火種となるだろうと書かれてあった。
 憲法の政教分離の日本でも、将来、宗教民族の移民が増加して来ると、公立学校などの公共場所で、単なる民族服装とみなすか、判断に迫られてくる日が来るかもしれない。

|

« 第35回耳の日記念文化祭が無事に終了 | トップページ | 放送記念碑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12135/955856

この記事へのトラックバック一覧です: 運手免許証写真のターバン着用禁止:

« 第35回耳の日記念文化祭が無事に終了 | トップページ | 放送記念碑 »