« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

Greg Gunderson氏

Greg



Greg Gunderson氏
米国サウスダコタ州在住
サウスダコタろう学校→地域高校→ギャロデット大学
ろうドライバー(レース)
http://www.gundersonracing.com/
※このホームページは全て英語

日本語表現で何と書くかわからないが、「カーレースドライバー50傑」の一人として選ばれている。
祖父と父がカーレースに参加、現在、本人が参加しているそうだ。

全部英語だが、写真も多いので、何となくわかるかもしれない(笑)。

|

2006年3月23日 (木)

聴覚障害者向け通信装置の博物館

Day54g米国ウィスコンシン州マディソン市に、TTYなどの聴覚障害者向け通信装置の博物館があるそうだ。(出典元:DeafNation

次の見出しをクリックして、ゆっくりとご覧下さい。
ASL動画ビデオと英文の両方を表記。ビデオは11分間余り。

Barr Productions' Deaf Devices & Museum (DeafNation Road Trip - Day 54)
 ※聴覚障害者向け通信装置の博物館
 ※昔の最初の通信装置も出ています。

この博物館の住所は、次の通り。この近くへ行くことがあったら、是非訪れてみたいものだ。

Address: Barr Productions and Museum
4514 Monona Drive
Madison, WI 53716

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

らん、ミチコ&ヒロの日向ぼっこ

穏やかな天候の先週末、昼前の日向ぼっこをしてるらん、ミチコ&ヒロを内緒で撮りました。
ハッピー顔のミチコ、ヒロ、らん(左写真から)
20060320_00720060320_00820060320_012

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大館君の映画がエントリー

Img_5446神奈川新聞ローカルニュースに、次の見出しが出た。

☆国際ろう映画祭に横浜在住の大舘監督最新作がエントリー☆

五月にカナダ・トロント市で開かれる世界ろう映画祭に、大館君が監督した『迂路(うろ)』がエントリーされた23出品のうちの一つに選ばれたのだ。
その映画祭とは、「第1回トロント国際ろうフェスティバルアート&映画祭」(TIDEAF)だ。<参考:一覧

友人が映画祭にエントリーされたことは大変嬉しく思う。日本、そして、世界中のろう者皆が見て心に残るような映画製作を続けて欲しいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

3/17 神戸空港

20060317_01220060317_013今日3/17に神戸空港へ出張。
兵庫県在住のろう者とお会いできてよかったと思っています。
兵庫県在住ろう者の皆さん、ご協力下さって、本当にありがとうございます。

2月16日に開港された神戸空港は、今日、大勢の見物客で賑わしていました。
空港ターミナル屋上から西方向に、明石大橋がよく見えることがあるそうです。今日は、日が暮れている時、明石大橋の影がよく見えました。それから、南方向に、空が透き通った時に、関西空港が見えることがあるそうです。今日は見えませんんでした。
新しい観光名所になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

2007年ソルトレイク、2009年台北

200601160001Logosaltlakegames70x126Logotaipeigames92h114トリノ冬季オリンピックが終わって、今、パラリンピックが開催中。
デフリピックは、来年2007年にソルトレイクで冬季、3年後の2009年に台北で夏季が開かれる予定。

来年の冬季デフリンピックに控えて、ソルトレイクで会見が行われた。(ビデオ

このデフリンピックは、最初、1924年にパリで第一回が開かれた。それ以来、夏季だけだった。冬季は、第二次大戦後の1947年に開かれた。最初の組織名称は、CISS、それはフランス語表記であって、日本語表記の公式名称は「国際ろうスポーツ協会」。歴史についての詳細は、Gamesページでご覧になれる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

都立ろう学校の閉校

最近数週間のうちに、都内の都立ろう学校の閉校式が相次いでいる。
というのは、かって、都立ろう学校8校が、4校3分校と統合される。おれは過度であって、将来、1校3分校が廃校されて、中央・葛飾・立川の3校へ統合される予定だそうだ。

<現在>
大塚(幼稚部・小学部・中学部)
江東(幼稚部・小学部・中学部)
品川(幼稚部・小学部・中学部)
杉並(幼稚部・小学部・中学部)
石神井(高等部)
大田(高等部)
葛飾(幼稚部・小学部・中学部・高等部)
立川(幼稚部・小学部・中学部・高等部)

<統廃合>
大塚(幼稚部・小学部)
  江東分校(幼稚部・小学部)
  品川分校(幼稚部・小学部)
  杉並分校(幼稚部・小学部)
中央(中学部・高等部)
葛飾(幼稚部・小学部・中学部・高等部)
立川(幼稚部・小学部・中学部・高等部)

<最終>
中央
葛飾
立川

詳細は、次のページでごらんしていただく。

まず一番気がかりになるのは、1時間以上かけるような遠距離通学の子供をどう守るかである。

そして、「特別支援教育」とか、いろいろな提案が出されているが、今のろう学校は、悪循環に陥ってしまったまま、なかなか、抜けられないでいる。
ろう学校現場では、口話教育が徹底的に行われ、子供達は唇を読み取るのに必死であり、勉強のことは何もかも手をつけられない。インテグレーションした学校では、子供達が先生の話なんかわからないから、自分で勉強できる子は独学で伸ばしていくが、周辺の子供とのスキンシップが成っていない。
両方の子供も駄目になったままだ。多くのろう学校現場の先生は、何もしていないのが事実であり、なかなか悪循環から脱していない。
そんな悪循環に陥ったままのろう学校を、特別支援教育の拠点にしようという話は、歯がかみ合わないものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月12日 (日)

1年後

2005年3月6日に誕生して以来、2年目を迎えた。
下写真のように、こんなに大きくなった。(左:ミチコ 中:ヒロ 右:母らん)
体長(鼻から尻まで)は、ミチコが40cmぐらい、ヒロが45cmぐらい。
ミチコは女王様、ヒロは大人しいがよく食べる。
帰宅すると、3匹とも争って玄関へめがけて走る。いつも、一着ヒロ、二着らん、三着ミチコ。しかし、なでる時の順番があるのだ。一番目ミチコ、2番目らん、3番目ヒロ。以前は、一番目らん、2番目ヒロ、3番目ミチコだが、そうなると、ミチコが憮然となり、一晩中、機嫌が悪い。
20060311_01220060311_01620060311_014

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

放送記念碑

20060301_031JR山手線・田町駅東口を出てすぐ下に、『放送記念碑』が立っている。
実は、1991年から1996年頃まで、芝浦(JR田町駅東側)へ通勤していたが、この碑の存在は全く知らなかったのだ(笑)。
耳の日記念文化祭が始まるまで時間がまだあって、JR田町駅東口をちょっと出て見た時、初めて見かけた。東京工業大学附属科学技術高等学校の敷地を食い込むように、この碑が立っている。

詳細は「発祥の地コレクション」の『放送記念碑』で見ていただくことにして、大正十四年三月二十二日午前九時三十分に、「JOAK」の放送電波を発した証のもの。

NHKラジオで出演しなかったら、その碑を見つけても、全く考えなかったかもしれない。
NHKラジオ出演を通していろいろ経験し、「放送」の存在意義を考えさせられるのにいい機会をいただいた後に、その碑を見かけて、尊厳な気持ちで仰いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

運手免許証写真のターバン着用禁止

ネットニュースを見たら、次の記事が出ていた。

免許証はターバン不可 シーク教徒に仏国務院

 フランス国務院で行政訴訟で、「ターバン着用の写真は運転免許証に使用不可」とした運輸省通達について、シーク教徒らの取り消し請求に対して退ける決定を下したとのこと。
 ターバンで顔の識別が困難になると想定、公共の安全と秩序の維持を重視して、通達を出しているそうだ。
フランスでは、過去の2004年に、公立校でのモスリム女生徒のスカーフ着用を、憲法の政教分離の原則に基づいで禁止したことが有名事実。運輸省の通達と、国務院での却下に対して、シーク教徒側が反発しており、新たな火種となるだろうと書かれてあった。
 憲法の政教分離の日本でも、将来、宗教民族の移民が増加して来ると、公立学校などの公共場所で、単なる民族服装とみなすか、判断に迫られてくる日が来るかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

第35回耳の日記念文化祭が無事に終了

 3月4日・5日の2日間の「第35回耳の日記念文化祭」が無事に終了した。
来場者は、延べ3100名。(昨年は延べ3500名)
2日間、続けて晴れたし、寒くなかったことが何よりであった。
 目玉の「LO+VE100%」「早瀬夫婦トークショー」は、100名が入れる部屋で一杯になり、廊下などの3ヶ所に設けたテレビの前でも人だかりができて、人気があったようだ。
20060301_03420060301_03520060301_03620060301_038

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 4日 (土)

2006020900000068kyodosocithum000 2月8日に、タイ北東部ウドンタニ県で、タイのプミポン国王在位60周年を記念して、31カ国から集まったダイバーが、世界最多400人、赤・白・青の服で雪の結晶を作り、ラージ・フォーメーションの世界最多更新に成功したというニュースを知っている方々がいると思う。

空中に巨大な“雪の結晶” タイで400人ダイブ

BBCのビデオ

Hiromasuda_2 その世界最多更新に参加したダイバーのうちに、ろう者がいたことが意外と知られていないのだ。その方は、増田光広さん(左写真)。
ろう者の活躍分野を広げて行くことは歓迎だ。是非応援したい。

Japanese Deaf Skydivers Homepage --- Akira & Hiro ---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第35回耳の日記念文化祭

明日の3月4日~5日の2日間に、東京都身障者福祉会館で、次の行事が行われる予定。
詳細は、次の案内の最後のところをクリックして下さい。

 -----(案内)-----
めざせ 自立への道!! 切り拓こう未来を!!
第35回耳の日記念文化祭

日時: 2006年3月4日(土)正午~牛後8時・3月5目(日)午前10時~午後4時

会場:東京都障害者福祉会館
参加費:500円(2日間通し) チケット好評販売中 

詳細はホームページへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

桃カステラ

長崎カステラ元祖の一つである松翁軒(しょうおうけん)では、雛祭り(初節句)が近づくと、『桃カステラ』が売り出される。それは長崎だけであり、全国では売られていないのだ。
予め、インターネットで確認した、2月22日から伊勢丹新宿店で長崎物産展が開かれて、松翁軒関係者へ問い合わせた。物産展では扱っていないが、インターネットで注文できると教えて下さった。
注文して、3月1日に届いた。下の写真は、左から順番に、
開ける前の箱
蓋を開けた時
袋から出した時の『桃カステラ』
20060301_00720060301_00820060301_011





直径12cm位、高さ4cm位。カステラの上に、桃を象った砂糖をのせてある。カステラ好きな人にとっては嬉しいに違いない。砂糖をのせたカステラは、勿論、甘い。ちょっと苦手なら、お茶か紅茶と一緒にするとより一層おいしくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »