« ムハマンド風刺画 | トップページ | 携帯電話を変えました »

2006年2月 6日 (月)

東横イン 条例違反・無断改築

 姉歯建築設計偽装が発覚されて以来、建築業界の膿を出すかのように、連鎖的に、建築に関する違法・偽造が明るみにされている。
 最近、東横インが違法と知りながら改築を行ったという事件が発覚された。
検査後許可を受けた後改築を行うなどの巧妙な手口を繰り返したというものであり、その多くは、障害者専用部屋だという。
 最近、各道府県の障害者団体が東横インを講義するという行動が相次いでいる。東横インの改築行為は、障害者に対する無理解と差別であることはもっともだが、一つ、疑問が湧いてきた。障害者専用部屋とは、車椅子利用者が宿泊することになっていると思う。我々聞こえない人は、聞こえる人と同様、一般部屋に宿泊するので、障害者専用部屋に泊ることがあまりない。
 私は、関西の、ある会議・宿泊施設で、車椅子利用者も泊れる部屋に宿泊したことがある。
感想というのか、印象について、正直に言わせれば、快適だと思ったことがない。ホテルは、「一日の疲れを癒す」という機能・役割が非常に重要だと思う。広すぎるのか、丸見えで無謀なのか、違和感があって、寛いで気分を休めたいところでもない。車椅子の移動がスムーズになったものの、かえって、快適性が劣ってしまっていて、その機能・役割がうまく作用できなくなっているのだ。
 ホテル経営側としては、どの部屋に誰でも泊れるようにしたいと考えていると思う。満室であろうか問わず、唐突に車椅子利用者が泊りに来ても対応できるように、常に、障害者専用部屋を空けているようにしているかもしれない。なるべく大勢に泊めてもらって、回収率を高めたいと思うホテル経営側が不憫だと思うことがある。
 ユニバーサルデザインの理念に則れば、「いつでも、どの部屋にも、車椅子利用者が泊れる」ことが一番理想的なこと。
なぜ、ホテルの全室を、一般利用者も車椅子利用者も泊れるような設計を提案することができないか。
今回の東横インの違法改築について、その問題が、ホテル業界だけの話ではないと思うし、ホテル業界だけでは解決が捗れるとは思えない。車椅子利用者重視と走ってしまわないように、車椅子利用者、ユニバーサルデザインの業界、そして、政府・自治体が一緒になって、再度検討して、解決の手口を見つけるべきではないか。

|

« ムハマンド風刺画 | トップページ | 携帯電話を変えました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12135/628587

この記事へのトラックバック一覧です: 東横イン 条例違反・無断改築:

« ムハマンド風刺画 | トップページ | 携帯電話を変えました »