« 2/28:放送・通信バリアフリーセミナー | トップページ | ムハマンド風刺画 »

2006年2月 6日 (月)

2/4夜, 2/5朝, 2/11夜, 2/12朝:ろうを生きる難聴を生きる

Chokaku障害者差別禁止条例に関する話題が、タイトルの日時に、放映される。
昨夜と今朝は放映済みだな。見逃してしまった方々は、2/11夜、2/12朝のチャンスがまだ残っていますので、逃がさないように。

 -----(ここから 全文引用)-----
「手話は言語」~国連条約で採択へ~

 今月下旬の国連・障害者権利条約特別委員会で「手話は言語である」という全日本聾唖連盟を中心とした、各国関係団体からの提案が討議される。
 「権利条約」は2001年の国連総会でメキシコ提案の提案により制定が決まったもので、障害者の地位向上にむけ“国際規約”を作り、各国の法制度に反映させていこうというもの。その条約制定に向けた第七回の特別委員会が日本政府代表団とNGO団体も参加して1月21日から始まるが、条文化が有力な状況となっている。
 去年、日弁連からは「国は法的に手話を言語として認めるべき」との意見書が文部科学省に提出されるなど、手話の使用に対して法的根拠を与えようという動きが盛んになっている。この背景には、法律の制定で、情報保障手段としての手話の導入が社会のさまざまな場で一段と進むことへの期待がある。
 国連での論議の模様、条文化の持つ意味、さらに国内での法制化に向けた取り組みなど今後の課題について関係者に話を聞く。

|

« 2/28:放送・通信バリアフリーセミナー | トップページ | ムハマンド風刺画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12135/625931

この記事へのトラックバック一覧です: 2/4夜, 2/5朝, 2/11夜, 2/12朝:ろうを生きる難聴を生きる:

« 2/28:放送・通信バリアフリーセミナー | トップページ | ムハマンド風刺画 »