« 交通博物館 閉鎖 | トップページ | 世界ろう連盟ろう子どもキャンプ »

2006年1月30日 (月)

メンデル法則 劣性遺伝子を解明

奈良先端科学技術大学院大学と東北大学などのグループで、遺伝に関する「メンデルの法則」の、「優性の法則」の原因の1つを発見。
「劣勢な遺伝子で、遺伝子の発現を制御する部分に炭化水素の一種が取り付いて化学変化(メチル化)が起きて、遺伝子の発現を押さえ込む」*1だそうだ。
実験材料は、カブの仲間の植物で自分の花粉を受精しない事象について究明されたもので、まだ続けて行くそうだ。
大学実験は非常に意味があることが多いものの、将来地球上で「(遺伝性の)ろう者」がなくなるだろうか。なくなったら、その世は、又、違うものとなる。
(遺伝性の)ろう者にとって、嬉しくない話だと思う。

*1 ヤフーニュースより引用

|

« 交通博物館 閉鎖 | トップページ | 世界ろう連盟ろう子どもキャンプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12135/554714

この記事へのトラックバック一覧です: メンデル法則 劣性遺伝子を解明:

» 雑談部屋/メンデルの法則/メンデルの法則について []
Prev 雑談部屋 Next メンデルの法則について ↑ メンデルの法則について メンデルの法則 ニュース速報 メンデルの法則 関連Blog メンデルの法則 WWWサーチ コメント メンデルの法則 画像サーチ アルタウン検索 メンデルの法則 ニュース速報 ...... [続きを読む]

受信: 2006年1月30日 (月) 18時31分

« 交通博物館 閉鎖 | トップページ | 世界ろう連盟ろう子どもキャンプ »