« 桃カステラ | トップページ | 東京の空 »

2006年1月27日 (金)

小田和正

1/26昨夜遅くNHKで小田和正(歌手)の追跡ドキュメンタリが放送された。

ここでは、歌の世界に無縁な方々が多いので、小田和正が辿った歌手の道について、少し詳しく書こう。
インターネットで見るなら、小田和正公式ウェブ、ウィキペディア「小田和正略歴」などを見ることができる。
小田和正は、昭和22年生まれ(私の一回り年上だ)だ。
その昭和22年生まれは、団塊世代の始まりであり、その多くは、大学で安保闘争の日々、日本の高成長時代を支え、日本中の流行を生み出し、今度はバブル期の大量解雇といった人生を歩んでいる方々だ。団塊世代が動くと、「山が動く」といわれているほど、日本中の影響力は計り知れないものだ。
小田和正は、オフコース解散の後、ソロ活動を歩んでいる。小田和正が歌うのにあわせて口ずさむのは団塊世代であり、共感を覚えるのも団塊世代だと、テレビが述べていた。

団塊世代の定年退職の「2007年対策」関連で、関心があって、見ていたわけだ。
団塊世代の観客の多くは、インタビューで「小田和正の歌詞に共感」と答えているので、小田和正の歌詞を見て来た。

Yahoo! Music 小田和正 歌詞

自分の頭を日本語モードへ切り替えて、初めて、小田和正の歌詞を読んだ。
うんうん、感動的ですねえ。

今日は、「言葉にできない」を紹介しよう。

聞こえない人は、聞こえる人達へ言いたくても言えぬ、悔しさを噛むことが多い。
歌詞を読んで、心が打たれた思いであった。

|

« 桃カステラ | トップページ | 東京の空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12135/519288

この記事へのトラックバック一覧です: 小田和正:

« 桃カステラ | トップページ | 東京の空 »