« コメント on 手話動画像合成 at TRONSHOW2006 | トップページ | APCD2006 »

2005年12月21日 (水)

公務員のスト禁止

クリスマス間近というのに、米国ニューヨーク市の都市圏交通公社(MTA)の労働組合が、労使交渉の決裂により、ストに突入した。州地裁が、労働組合に対して、100万ドル(約1億1700万円)の罰金を支払うように命じたという。
日本の国家公務員と地方公務員のスト禁止があるのかと調べたら、おぉ、日本では禁じられているそうです。
国家公務員法第98条
地方公務員法第37条
1948年公布の政令201号により、すべての公務員のストライキを禁止。

<参考>
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ストライキ

|

« コメント on 手話動画像合成 at TRONSHOW2006 | トップページ | APCD2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12135/129293

この記事へのトラックバック一覧です: 公務員のスト禁止:

» 公務員の労働三権は妥当? [たにも on the web]
以前にも書いたかもしれませんが、日の丸君が代騒動を描いた永井愛氏の芝居「歌わせたい男たち」のロンドン上映が断念されました。「ロンドン市民には理解されない」ことが大きな原因だそうです。 5月26日付朝日新聞のインタビュー記事によると、ロンドンの芸術監督の評価として以下のように述べています。 「教育行政はとんでもないが、どうして全国の先生たちはストライキをしないのか、保護者はなぜ立ち上がらないのか、一般市民はなぜ黙っているのか、理解できない」 現在、公立学校の教員を含め、日本の公務員には労... [続きを読む]

受信: 2006年5月31日 (水) 16時00分

« コメント on 手話動画像合成 at TRONSHOW2006 | トップページ | APCD2006 »