« 公務員のスト禁止 | トップページ | オルリー美術館の時計 »

2005年12月22日 (木)

APCD2006

Apcd2006iogo第9回アジア太平洋地域聴覚障害者問題会議APCD2006(The 9th Asia-Pacific Congress on Deafness)が、来年10月9日~12日に、筑波技術大学、筑波大学附属ろう学校、文京シビックホールの会場3ヶ所で開かれる予定。分科会などの詳細は、要項で見ていただくことにして、APCDの過去の動きをよく知らず何とも言えないが、内容には「手話」関係だとわかるような明記がなく、何となく、聴覚口話法へ偏っているような気がする。過去の長い間、ろう教育現場では「手話」を毛嫌いしていたという事実があり、「手話」関係の明記がなければ、すぐ警戒心を持ってしまうという構え方は仕方がないと思う。「ろう者の了見が狭い」のではなく、「ろう学校教育現場がろう者にトラウマを植え込ませた」のが、事実であるから。

|

« 公務員のスト禁止 | トップページ | オルリー美術館の時計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12135/134993

この記事へのトラックバック一覧です: APCD2006:

« 公務員のスト禁止 | トップページ | オルリー美術館の時計 »